月別アーカイブ: 2017年5月

「住所不定無職」の物を作ってしまってはいけない

ニュースで「住所不定無職」と聞くことが度々ありますが、私は物に対してもこの言葉を使っています。
断捨離をする上で心掛けたいことは、「住所不定無職」の物を1つも作ってはいけないということです。

住所不定無職の物とはどんな物かと言うと、定位置が決まっていない上に全く使ってもいない言わばガラクタのような物のことです。
物は使うことで意味があります。
よく「鑑賞用」として物を購入する方もいますが、観賞用は「鑑賞する」という目的があるので良いです。
問題なのは別に鑑賞目的ではなく使う予定もない物たちです。
使う予定が全くない物と言うのは、職がない状態の無職です。

物の気持ちになって考えてみましょう。
就職したのに全く仕事を与えられなかったら悲しい気分になりますよね。
せっかく買ったのに見向きもされなかったら物も悲しいはずです。

使う目的もなくて置く場所も決まっていない物は、思い切って捨てるようにしましょう。
ブランディアの無料査定の体験談も参考になりましたよ。

片付けで大切なことは、物の定位置を全ての物に決めてあげるということです。
片付けが苦手な人の根本的な原因というのは、物の定位置が決まってないからと言っても過言ではありません。

私達が家に住んでいて住所が付いてるように、物にも住む場所を与えてあげないとホームレスになってしまいます。子供が飲めるDHAサプリランキング!賢い脳をつくろう!